ようやく 春

f0047623_944494.jpg

美しい春                          
f0047623_95351.jpg

美しい日本
f0047623_963383.jpg

美しい車
f0047623_9193452.jpg

美しい・・・・・・・・・・・・神々の社




                        待ち焦がれた春は 余りにも美しかった






f0047623_1655154.jpg

冬と春が交錯していた頃 すっかり心も冷え切ってしまうような夕暮れを迎えていた
突然起こった出来事のために 初めての街に何度も足を運び 不安な心で歩いた日々

ようやく全てが良い方向に動き始め やれやれと わが身を労わる余裕が生まれ
ふと 心に浮かんだのは 『遠くへ行こう!!』

貯まっていたマイレージを使い 空路 西へ向かう日帰りの旅

長年の夢であった マツダ コスモ・スポーツ(1967年式!!)に会う旅

・・・我ながら マニアックな決意に呆れながら 小さなバッグとカメラだけを持って 機上の人となる

信じられない角度で 雪化粧の富士山を 真上から眺めた!!

見事な車たちが誇らしげに迎えてくれるマツダ・ミュージアムでの夢の時間が始まる!

工場内では 偶然にも 長男が仕事をする会社の大型船の模型に出会え 感涙にむせんだ母

何故か 私は以前から マツダのロータリーエンジンに魅力を感じていた
このロータリーエンジンだからこそ 真っ先に実現できた水素燃料の車も見られた
f0047623_1765131.jpg

また マツダがモーターショーの度に発表するコンセプト・カーも大好き これは 流 雅(りゅうが)
f0047623_1773891.jpg


懐かしい車たちも たくさん並んでいて 朝早くからの移動の疲れが一気に吹き飛んだ
f0047623_1793337.jpg
 
f0047623_1795846.jpg

f0047623_17105254.jpg

見学コースの最後にポツリと『今日 初仕事だったんです』と言った案内係りの彼女の凛とした態度が とっても素敵だった

f0047623_17115762.jpg

f0047623_17122437.jpg

いまどき珍しい程 充実した生産工程を見せてもらいながら 整然とした工場内にも感激
これからも誠実な仕事と 人々の信頼を裏切らない哲学を貫いていって欲しい!!
               
さてっと その後 何しようかな~ と かな~り行き当たりバッタリ
        (前回 全身鳥肌が立ちっ放しだった平和公園はやめとこう・・・)


マツダの本社からローカル線で行けることを知り 駆け足で訪れた世界遺産の島

二度目の宮島は 優しい風と光で 包み込んでくれた
f0047623_17221186.jpg

子供の頃 毎日遊んだ瀬戸内の穏やかな波と ずっとずっと遊んでいたかった



               楽あれば 苦あり  そして  苦あれば 楽あった!!!


前回のレッスンで お決まりの『元気ですか?』『はい 元気です!』のトーンの違いに気づいたらしく
何も言わずに 次のレッスンの日に 『新しいワイン テイスティングしてみる?』と 迎えてくれた・・・・
f0047623_17254162.jpg

f0047623_1726653.jpg                               

                               初めて見るガラスの栓



f0047623_17272629.jpg

                             ありがとう  もう 元気です!


季節は 必ず 巡る

               そして  精一杯の努力をした後には 必ず 大きな癒しがある

                             再び パワーが甦った日々
    




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(コメントのお返しが遅れがちだったり アップが無かったり お待たせしておりました~)
                           まったく 色々あるよね~ (^_-)

 


                           
[PR]
by mother-of-pearl | 2010-04-11 17:45 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/13378417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2010-04-11 17:51 x
いろいろあった後の輝きはひときわ、
みんな輝いている。
がんばるぞ〜ぉ!
Commented by mother-of-pearl at 2010-04-11 17:55
蛸さま 早っ!!!!コメントありがとう。

がんばりましょうね!色々あるけど、さ。

(GMさんたち、来週はバンコクで会議だったのに急遽
 場所変更ですよ。大丈夫?そちら??)
Commented by mikik55 at 2010-04-12 00:34
春ですね♪
色々なことがあっても春はちゃんと来ます!
指すが流木さま、エネルギー補給する時のフットワークも軽い軽い
しかもなみなみのパワーが感じられる美しい写真。
ホント輝きの春ですね。
Commented by キトリ at 2010-04-12 03:39 x
大好きなmother-of-pearlさま、
ご自身の心も冷えきってしまいそうな時に、私達家族の為に本当に優しい温かい励ましを下さったかと思うと、その魂に心から感謝と敬意を申し上げます。

私は沢山の人と繋がって生かされています。
今度は私達家族の魂のエネルギーが mother-of-pearlさんに
届きますように・・。

マツダ車大好き息子が「かっこいい!!」っと写真に魅入っていました。

Commented by oceanwine at 2010-04-12 07:55
このグラスに入っているのは、このワインですか?
まるで水のような色だけれど、このソーヴィニヨンブランは、
どんなお味だったのですか? 見るからにさっぱりした、
青草のような味わい? 日本食にあいそう? きりっと冷やしたら、夏のとりあえず1杯になりそう?
Commented by おかみ at 2010-04-12 09:22 x
mother-of-pearl さんの写真、いつもながら素晴らしいですね。
見ていて背中がゾクゾクしました。

ガラスの栓のワイン   初めて見ました。
お味はいかがでしたか?
ボトルが素敵なので、ボトルだけでも欲しくなりますね。
Commented by mother-of-pearl at 2010-04-12 09:24
mikik55さま 日本国内で母を訪ねる以外に旅をしないので、
今回は新鮮な気持ちで楽しめました。まさに神様のお恵みの
ようなお天気でしたので、丸一日本当に爽快でした。
年をとる毎に無理がきかなくなったことも実感しましたが
“母”は精神力でまだまだ動けるものですね(^_^) お互いに。
Commented by mother-of-pearl at 2010-04-12 09:29
キトリちゃん ・・・そんな風に思ってくださってありがとう。
でもキトリちゃんのご家族も私には家族と同じですから、心
から応援せずにはいられません!!そして、何より大好きな
“キラキラ瞳の少年君”が車の写真を楽しんでくださったと
聞いて、嬉しくなりました。メールに添付でお送りしましょうか?
キトリ家の皆さんの暖かい応援、しっかりと頂きました!!
Merci!
Commented by mother-of-pearl at 2010-04-12 09:33
oceanwineさま さすが!ワインエキスパート!!
まるで“水”のようだ、とは!

“白に弱い”私ですから、躊躇しましたが、問題なくすっきり
頂きました。しかも何も食べ物は無しで、純粋にワインだけ。
味は?・・・というより温かい気持ちに真っ先に酔っていた
ので、言葉が見当たりません。(シラフでもワインの語彙が
ゼロに近いので。)え~っと、美味しかったです(*^。^*)
Commented by mother-of-pearl at 2010-04-12 09:38
おかみさま 写真を楽しんで頂けて、嬉しいです。
この日を前後して、お天気が不安定でしたが、宮島にいる間
だけ、本当に美しく晴れましたので、助かりました。

ワインのボトルも栓も、きれいですよね?実は私も空き瓶が
欲しいな、と思った程ですが、つい最近、腰を痛めそうに
なる程、大掃除したばかりなので、涙を呑んで瓶の持ち帰りは
諦めました。・・でも美しいガラスの栓はありますよ!
次回、詳しくワインについて尋ねてみるつもりです。

↑でも書きましたが、味に酔うより先に、GMの思いやりに
酔ってしまいました。まっすぐ歩いて帰るの、大変でした~!
Commented by harunoyokihi06 at 2010-04-13 18:19
こんなきれいな富士は初めてです。
それも空の上から!!!!
いい休日を過ごされましたね。
宮島はきれいなところでしょうね。
アングルがまた素晴らしいです。

それから注がれたワイングラスに写りこんだ景色。
motherさんの都会的な画像は魅力的です。
ガラス栓のワイン 初めて見ました。
いただいてみたいです!!!
思いやりたっぷりのワインに心地よい酔い、ワインは意外とアルコール度があるのです。
Commented by mother-of-pearl at 2010-04-14 02:19
harunoyokihi06さま こんばんは。お久しぶりです。
飛行機から眺めた富士山は、まさに一期一会の美しさでした!!
ANA社の航路も最高だったのでしょうね。嬉しかったです。
不安定なお天気が続く中で、旅の日は運よく晴れましたので
良い時間を過ごせました。(あっという間に日焼けした程です)

グラスに映り込んだ風景、私も後で気づきましたが、気に入って
くださって嬉しいです。このワイン、とても飲みやすかったので
ネットで調べました。手に入るようですよ?お試しくださいね。

Commented by 小鞠 at 2010-04-14 07:30 x
mother-of-pearlさんおはようございます

あまりにも素晴らしい富士の写真に
ほんとうに久しぶりに思わずコメント(^^)ヾ

飛行機の窓からこのように美しい写真をお撮りになったのですね☆
mother-of-pearlのさんの写真にはいつも見とれているのですが、
富士山が大好き♡♡♡ なので、思わず言葉にしてしまいました(o^o^o)

色々大変だったご様子も少し落着かれたようで良かったです。

素敵な富士山を見せて頂いて、
今日は元気だ\(^0^)/
Commented by mother-of-pearl at 2010-04-14 10:55
小鞠さま コメントありがとうございます!!富士山の写真を気に入って
頂けて、うれしいです。この日の航路は、機内アナウンスのCAさんも
興奮気味で、機内は幸せなざわめきで一杯でしたよ!まさに一期一会。

苦あれば楽あり、と自分に言い聞かせて、強制終了に近い形で、急遽
遊びに行きました(*^。^*) やっぱり行って良かったと思います。

今日も、明日も、お元気で\(^o^)/
Commented by tictactoeinla at 2010-04-14 12:26
♪・・・知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい
知らない海をながめていたい どこか遠くへ行きたい
遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅
愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい
愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを
愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい・・・♪
この曲がずっと私の頭の中で流れてました。
日本の春。絶景かな、富士山。テクノロジーが詰まったピカピカ&哀愁ある懐かしい車たち。
パワーが蘇ったご様子。ちょっくら安心しました。
Commented by mother-of-pearl at 2010-04-15 01:04
tictactoeinlaちゃん この歌詞の内容がぴったりの心境で、旅しました。
“遠くへ行きたい”と思ったらLA,という生活が10年以上続いていたの
ですが、こんな形で国内を飛んでみるのも悪くない、と思いました。
とにかく、夢のように美しい時間、景色、風の優しさでしたので、少し前
までの必死な形相で過ごしていた時間が、解けていきました。
・・・ご心配、おかけしました。もう、大丈夫です。
Commented by mtrvtk at 2010-04-19 11:57
どの写真も本当に春を感じさせてくれるくらい、鮮やかですね!
本当に全てが美しい・・・。

MAZDAの町へは出張だったのでしょうか・・・mother-of-pearlさんの
周りはホント粋な方ばかりですね・・・生徒さんまで!しかも、このワイン
美味しそう!美しいものから貰えるパワーをぼくももらえた気がします。ありがとうございます!
Commented by mother-of-pearl at 2010-04-20 09:42
mtrvtkさま 写真を褒めて頂いて、光栄です。<m(__)m>
前後して、雨の日々の中、まるで夢のように晴れてくれました。
お天気の神様が後押ししてくださったような時間でした。出張では
なく、全くの個人旅行でした。MAZDAは応援し続けている企業で
(・・って車は持ってないのに)特に1967のコスモスポーツを
見られるのは、あそこに行くしかない、と分かってから長い間の
夢でした。撮影禁止の工場内のライン見学が最高だったかも。
正に日本の生産現場と言える、整理整頓された見事な所でした。

ワインは、手に入りますから、いらっしゃる時はご用意しますね。
お時間が調整できたら、是非是非“都会の水”でパワーアップしに
いらしてくださいね。
<< 小さな小さな OTONAのスペース そろそろ 春 >>