里の秋

f0047623_14362734.jpg

                            実りの秋を迎えたふるさとの祭り
f0047623_1437225.jpg

                            若い二人と空を飛び 秋の日本を訪ねた週末
f0047623_14383774.jpg

                            水しぶきと 鼓動と共鳴する太鼓の響きと 燃え盛る松明の炎
f0047623_16163684.jpg

                   

                            国の内外の友に心から誇れる本物の祭りを 共に楽しめた夜

f0047623_14405041.jpg

                            幼い頃の子供達が自在に駆け回った美しい社を 再び 彼等と歩き
f0047623_14411260.jpg

                            私が 何を畏れ
f0047623_14422524.jpg

                            どんな静けさを好み
f0047623_1443349.jpg

                            何に美しさを感じるのか・・・・・・・を 語り
                            三つの国の年齢の違う三人が 様々な心のあり方を語り続けた旅
f0047623_1444486.jpg

                           ボストンの知性と スウェーデンの美

                           生き生きと輝く聡明さと 異文化を受け入れる柔軟な心の二人と共に過した 
                           短くも満ち足りた週末のひととき


僅かな時間に 母に会え こよなく愛する叔母や妹にも会ってもらうことができ 大満足の時間となった
f0047623_1447196.jpg

築後100年以上の叔母の家は 今では素晴らしいアートプロジェクトの発信の場に変身し 
叔母は 多くの若きアーティストたちとの交流の場を提供し 彼等との交流を楽しんでいた
f0047623_1449454.jpg

                                   この街が世界に誇る特産品の竹細工 

クラフトセンターで この日 竹を編んでいたのは 偶然にも 叔母の家を借りて住んでいるアーティストさんだった!!
しかも 私と同行のスウェーデン人の彼女が沈金のクラスに参加した全国伝統的工芸品センターに 彼女が来年3月に 実演に来るという!!!
なんという 嬉しい偶然の重なり!!!
f0047623_145148100.jpg
f0047623_14521070.jpg

                          国宝の冨貴寺   (雨の為に 中の壁画は見られず・・・)
f0047623_14523639.jpgf0047623_14525244.jpg














              あれ?あれ??                 え~?? 何これ~っ!!!!  ワハハ (´ ▽`).。o♪♪
                                ローカル空港のユーモア に 一本!!   


f0047623_1453203.jpg

                               ふるさとの山々に   『またね!』と 手を振り
f0047623_14534210.jpg
 
                               大好きな羽田空港に 『ただいま!!!』と 微笑む


                                                  大きな鯨のお腹の中にいるピノキオになったような気がする

                                                  この空港が大好き・・・
                                        
                          
[PR]
by mother-of-pearl | 2009-11-03 06:26 | 嬉しかったこと | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/12246410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by takoome at 2009-11-03 20:18
サワディ〜カ〜
相変わらず飛び回ってるね、
こっちももぉすぐそっちにパタパタパタ^^
Commented by mother-of-pearl at 2009-11-04 02:55
takoomeさま
こんばんは。
そちらも、相当飛行距離を伸ばしていますね~
飛んでナンボ、のドラゴン族です。
こちらでの遭遇を楽しみにしています!
Commented by tictactoeinla at 2009-11-04 13:06
お久しぶりです!
何とも素晴らしいm-of-pさんのふるさとの秋景色。。。勇壮なお祭りの鼓動がこちらにも響いてきそうです。たっぷり充電完了ですね。
秋は、やっぱり日本がいいですね~♪ (しみじみ・・・)
Commented by harunoyokihi06 at 2009-11-04 18:46
こんばんは。
motherさんは本当によく飛ぶお方!
秋の大分は美しかったでしょう。
お母様とも叔母様とも会えてよかったですね。
叔母様のおうち すばらしいですね。
それに若い芸術家たちへのまなざしがすばらしい!
竹細工の見事なこと。
沈金の事を書いた記事、覚えていますよ。
あの場所でまた彼女と再会ですね。

もう七五三の季節なんですね。
2歳の娘のきもの姿を思い出しました。
私も小さい頃、大きな桃色の簪を頭につけました。

若いお二人も素敵、きれい!さわやか!
若いっていいですね。
2人の笑顔から私まで元気をいただいたような。
ありがとう。
Commented by tsugimi at 2009-11-06 00:10
こんにちは。おばちゃんの家が、あんなになったなんて、すごいねぇ。
あたしも特製プリン食べに、遊びに行かなくちゃ。。。
Commented by mother-of-pearl at 2009-11-06 02:17
tictactoeinlaちゃん お~っ!!お久しぶりのコメントありがとう\(^o^)/
何度か出かけた祭りではありますが、毎回、原始的な躍動が響いてきて
心から楽しめます。・・・・・祭りは田舎に限りますね!
秋、と言わず、日本はいいですよ~ (^_-)-☆
Commented by mother-of-pearl at 2009-11-06 02:20
harunoyokihi06さま ・・・・(^-^) そうですね。本当によく飛びます。
(というより、実は、新幹線だと乗り物酔いしてしまう変なヤツなのです。)

短い時間に、大好きな人や風景や味を共有できて、密度の濃い時間を
過せました。このお二人は、きっとこれから大きなお仕事をしていくことに
なるだろう(世界を舞台に)、と思います。来年は他の国へ行くことになって
いるので、また訪ねる楽しみが増えます!

七五三の子供達は、いつ見ても微笑ましいですね。
Commented by mother-of-pearl at 2009-11-06 02:22
tsugimiちゃん おばちゃんの家、是非行ってみてください。と~っても
素敵に生き返っているよ!(NHKの日曜日美術館、見なかった?すごく
良いプロジェクトだ、と感激しましたよ。)是非・・・・プリンだけじゃなく~。
Commented by nageire-fushe at 2009-11-07 09:40
秋の風景,堪能させていただきました。
良き懐かしい景色と笑顔が印象的ですね~~
幸せって良いですね。
竹の器。。素敵ですね。
欲しいです。
Commented by mother-of-pearl at 2009-11-08 15:07
negeire-fusheさま お陰さまで、今年も故郷の秋祭りを楽しむことが
できました。寒風をついて野外で行われる祭りは、見る人を奮い立たせて
くれます。太鼓が大好きですが、どのコンサートより素晴らしい、と毎回
思わせてくれます。
竹の器。工芸センターで実演の際は、必ずお知らせ致しますので、是非
いらしてください。(あの和蝋燭の場所・・・・です。)
美しい竹の器。・・・・・ただし、手が届きませんでした(苦笑)
Commented at 2009-11-09 23:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mother-of-pearl at 2009-11-10 01:10
鍵コメ2344さま コメントありがとうございます。
はい、おっしゃる通りの場所です(*^_^*) こ~んな田舎だけが世界の
全てだった私です。だからこそ、今、東京を堪能できる生活が楽しくて
たまらない、のかも知れません。

(さて、別件の詳細はまたご連絡します!ありがとう。)
<< CEPAGE 都会の妖精たち・・・ >>