GOD     神様に会った日

f0047623_17451310.jpg

自転車のボールベアリングが 美しいと思う子供だった
働きものの道具・工具が大好きなのは 今も変わらない

最も美しいと思うものに出会った日は 言葉が出ない・・
f0047623_1747455.jpg

f0047623_1746811.jpg
f0047623_17463651.jpg
f0047623_17465616.jpg
f0047623_17472019.jpg
f0047623_1748971.jpg
f0047623_1748369.jpg
f0047623_17485549.jpg
f0047623_17494191.jpg
f0047623_1750140.jpg

f0047623_18205261.jpg


ナイフ作りの神様 と呼ばれる方の工房を訪ねた

ナイフマガジンで名前を知ったのは10年以上前で 
ご本人の工房を訪ねる機会があろうとは 夢にも
思わなかった!ウェイティング・リストの数も膨大な
超人気のカスタム・ナイフの伝説的な製作者  
この中の一番長いナイフは一本$14,000!
f0047623_17503220.jpg

       (製作過程のナイフの写真は控えます)
f0047623_17505123.jpg

        工房の中が 整然としている理由は・・・
f0047623_18124324.jpg


『いつまでも同じものばかり作っていては 
 自分の進歩を 知ることが できないだろ?
            色々やってみることさ!』

含蓄のあるお言葉に ただただ感動 


お会いしている時は 夢中だったが
後で 足が震えた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





(注:快く撮影を許可して下さった神様でした)
[PR]
by mother-of-pearl | 2006-03-06 18:34 | 気分爽快 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ryuboku.exblog.jp/tb/1099108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by igossouLA at 2006-03-06 18:59
職人さん…とってもいい表情ですね!
ぼくのベアリングとの出会いって破損したときの打撃の大きさで、元を辿って初めて知りました。動力の源ですよね。あの滑らかな動きを作っているのは→ベアリング。それを使って作られるナイフって…きっと魅力的な形なんでしょうね。

このオジサン本物の職人ですね。ひとつのモノを知り尽くした人の言葉です。職人との出会いは人間を好きになる一歩だといつも感じます。この出会いを重ねてドンドン人を好きになってくる気がします。
Commented by mother-of-pearl at 2006-03-07 03:46 x
igossouLAさま プロ中のプロです。昨日伺ったお話では’54年からナイフを作り始めたというのですから 半世紀です!余りの感動に 今も 頭がぼーっとしてい。機能美の極地ですね。本当にすごかったです。
Commented by tictactoeinla at 2006-03-07 12:12
素晴らしい!整然と並べられた道具の一つひとつにも神様の粋が感じられます。ほんとにすごいですネ!
ーYour MOTHER doesn't work here Please pick up after yourselfー お茶目だ(*^-^*) ひとつの物事を極めた匠、お会いしたいです・・・・。
(↓)前回のコンサートの教会、素敵ですよねぇ~♪今回は残念ながら行けませんが、次回は!!!
Pasadenaいいです。電車が開通していっそう便利になってますねぇ。いざ、地ビールのレストランへ ^m^
Commented by mother-of-pearl at 2006-03-07 16:27 x
tictactoeinlaちゃん 道を究めた人の哲学と余裕。こっちが緊張してる割には気楽に対応して下さって なんだかおじいちゃんに会ってるような気分になっていきました(失礼な話ですが)あのさあ、この写真撮っていい??みたいな。一生忘れないと思います。この日のこと。
Pasadenaの地ビールレストラン ご紹介くだされ。でもどうやって帰る?
<<  Tea Time  ... Pasadena     >>