「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

見る阿呆  2016年の夏

f0047623_12183445.jpg

小雨をもろともせず 街全体が熱いエネルギーに満ち溢れ 祭りが始まる!!!
f0047623_1220235.jpg

一斉に踊る人々の美しさに酔い痴れ

f0047623_12222375.jpg

足元を見つめ

f0047623_12225594.jpg

弾けるエネルギーを全身で受け取る

f0047623_12235735.jpg

色とりどりの衣装の連が次々に登場していく
数えきれないほどの人々の中から 友の美しい姿を見つけた!!!

           仕事でお世話になっている彼女が 憧れの阿波踊りの踊り手であることを知り
           ついにその姿を見せてもらえる日が来た!
       
           仕事でお会いする度に「和服が似合いそうな美しい方だなあ」
           と 密かに思っていたことが 間違いではなかった

           本当に美しい!!!

           見つけられて よかった~!

f0047623_12265790.jpg

未来の美人さん達の美しいうなじに 思わずシャッターを押す
           たくさんの子供達も撮らせてもらったけれど それは個人蔵として・・・
           

f0047623_12285069.jpg

それぞれの連で太鼓やお囃子の音色が違い 素晴らしいパフォーマンスに”見る阿呆”達も盛り上がる!

f0047623_1231455.jpg

60年の歴史を誇る夏祭りを 大勢の人々の力で作り上げていた


狭い歩道の最前列で楽しむ人々 その後ろに立って声援を送る人 傘を傾げて進む人・・・
信じられない程 粛々と祭りが進んでいく様子そのものにも感動し 
雨に濡れながらも祭りを楽しむ人々の賑わいの中に一体化する楽しさを味わった


f0047623_1232172.jpg

美しい時間をありがとう!!!

                  また 来年ね

f0047623_12324340.jpg

大都会で しっかりと守り継がれている祭りを 堪能した夜









+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-08-28 13:26 | | Trackback | Comments(4)

嵐の前の・・

f0047623_11294585.jpg

美しい夕空を飽きずに眺め 歩いていた

f0047623_11294569.jpg

久々に大型店を訪れた帰り道

電車の窓からも変わりゆく空の色から目が離せない!

我が家が近づく頃 期待通りの見事な夕焼け!!
f0047623_11294535.jpg


そして

一夜明け 大荒れの天気に!

幸いにも仕事先から気遣いのメールを頂き今日は自宅待機となった

突然の自由時間を利用し昨夜購入した商品のラベル剥がしを始める
f0047623_1129458.jpg

ヘアドライヤーで温めると剥がし易い

f0047623_11294517.jpg

『キャンドルスタンドにもなるね!』
得意気に話す私に
娘は『あの・・元々キャンドルスタンドだけど?』と冷静

1個200円以下で買えてニコニコ!
f0047623_11294530.jpg

長年愛用のフレンチプレスに合わせて使えそうと 自己満足!!


思いがけない自由時間を楽しんでいる台風襲来の月曜日


お出掛けを余儀なくされている皆さん
お気をつけください

********************************
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-08-22 13:29 | Comments(4)

真夏の思い出(ハモとオバイケと白ガラの夕餉)

「シライモ3本取ってきて~」
夕食の支度中の母に言われ 庭先の”シライモ”を数本切ってきた
まるで里芋の茎のような“シライモ”の皮をむき ササガキにして水に晒す

・・・・・夏休み中の夕方の一コマとして ずっと記憶にありながら 探せなかった“シライモ”
・・・・・あれは 私の記憶違いだったのだろうか と思い始めていた
f0047623_91812100.jpg

≪白がら≫!!!!  正式にはそういう名前だった

この夏ついに見つけた!!!“幻のシライモ”
イモガラという乾燥野菜が売られていた農産物販売所でのこと

f0047623_9204396.jpg

本来なら刺身のツマのような存在ながら この夜 私は爽やかな歯触りを思い切り堪能した!

骨切りをしたばかりのハモを 弟は見逃さず買っておいてくれた
家でゆがき 氷水でさらしたハモは絶品だった!
f0047623_9261428.jpg

f0047623_9262796.jpg

盛り付けは二の次で 一期一会のハモとハモの皮 そして太刀魚や鯛の刺身に舌鼓を打つ
食器棚の奥から見つけた祖母愛用の水色のガラス器を磨き 盛り付けてみた
f0047623_9514184.jpg

ふるさとの店先には 懐かしい食べ物が今も変わらず並んでいた   おばいけ・・
f0047623_9274966.png

(酸っぱいものは苦手な私も)湯引きのハモには酢味噌 そしてカボスを絞る
f0047623_9291486.jpg

懐かしい味 おきゅうと もモズクと共に楽しんだ

そして もちろん 最高のお伴は
f0047623_9312946.jpg

                            (私は 絶対的に 左!!)

一足先に帰宅し 掃除を始めた時 冷蔵庫の中に真新しい薫長1本を見つけた
当時入院中だった母を思い 母の日のお祝いに と弟が買っておいたものだった
(幸いにも母本人と楽しむことができた後 私はそっとラベルを剥がし記念に持ち帰った)

f0047623_9321421.jpg

冷たい”水菓子”に至る頃には 母も弟も私も 笑いジワでいっぱい



どうかまた この幸せな夕餉を楽しめますように・・・・・・・・(^^)
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-08-20 09:54 | | Trackback | Comments(8)

心を吹き抜けた潮風  (瀬戸内の海辺)

f0047623_13193641.jpg

稲穂の波がそよぐ大海原を走り続ける・・・・・・
弟が運転する車で遠くの店まで買い物に出かけた日 思いがけなく遠出をしてくれた
f0047623_13213192.jpg

最後に訪れたのは20年も前のこと
f0047623_13221359.jpg
f0047623_13222973.jpg

新しい看板が立ち 観光名所として名を上げ始めていることを知った

f0047623_1323349.jpg

優しく手を引き 道を渡る二人
f0047623_13242197.jpg

f0047623_13244145.jpg

ああ懐かしい海原が目の前一面に広がっている!!!!
f0047623_13271941.jpg

子供達を連れて 潮が引いた遠浅の砂浜を歩き 海水浴や潮干狩りを楽しんだ日々が甦る
f0047623_13274112.jpg

海の安全を守る神様に『おじゃましま~す!』とばかりにちょこんと頭を下げた子らを思い出す
f0047623_1329163.jpg

新たにしつらえられた海の家は 通年のモダンなカフェになり
夕陽の写真の撮影や時折催されるライブ音楽など 新たな観光名所を作った地元の意気込みを感じた
f0047623_13315565.jpg

久しぶりのかき氷に「ああ眉間がジンジンする~!!」とむかしと同じ悲鳴をあげ
f0047623_1332981.jpg

地元のそば粉を使い目の前で若者が打った蕎麦を美味しく頂く
(懐かしい日田の器 小鹿田焼きがマッチしていた)


f0047623_13345384.jpg

空調の効いたカフェで母がひと休みする間 堤防の上を弟と歩いた
f0047623_13352091.jpg

「水平線が濃い紺色に変わったら 帰ろう!と決まっていたよね~」
などと 快い潮風に吹かれながら 遠い遠い子供の頃の思い出話が次々に湧き出てきた

f0047623_13374921.jpg

「ナショナルジオグラフィックのマークみたいなアレは何??」
「記念写真を撮りたい場所になった ってことだね」

f0047623_13385365.jpg

f0047623_1339657.jpg


これから何年も 心の中で響き続けてくれるほど たくさんの波の音をしっかりと蓄えてきた


ありがとう!!!
弟に 故郷の海に!!!



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-08-14 13:40 | | Trackback | Comments(4)

夕陽に またね

f0047623_20361143.jpg

心を残したまま 機体は夕暮れの空港をゆっくりと動き出す

f0047623_20371848.jpg

整備を終えた飛行機に 手を振る人々の姿が温かい
(何度も離陸してきたLA国際空港で こんな姿を見たことはない・・・)

f0047623_203812100.jpg

初めて見るボンバルディアのプロペラ機に 少々湿っぽくなっていた心が一気に晴れた!



f0047623_20392324.jpg
f0047623_203938100.jpg



夕陽を背に アッという間に空を飛び越え 再び現実の世界に舞い戻った


もう少し長く 母と弟と一緒に過ごしたい気持ちを引きずりながら一足先に仕事に戻る
短期間とは言え 久しぶりに我が家に戻り 懐かしい人々に次々に声をかけてもらい
母の表情が日に日に明るくなっていたのを見て 『また戻って来ようね』と弟とも話し合った

田舎での思い出に もう少しお付き合いください
*********************************************************************
出かける前に切れ端を水につけたサツマイモ
f0047623_20462298.jpg















ぐんと伸びた芽に 
ふっと 微笑みがこぼれた
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-08-13 20:52 | | Trackback | Comments(4)

真夏の香り (茗荷)

翌日から留守をする前に“ノリシロの庭”を点検した
(猫の額とさえも言えない)

f0047623_21155850.jpg

あるわあるわ!!
なんと瑞々しい!!

今年も芽を出してくれてありがとう


去年は小鳥に先駆けて食べられたのは僅か4粒!



ブルーベリーが!!
おお~っ!
f0047623_21155822.jpg

(我が家レベルでは大豊作!)



しかし
茗荷は冷蔵しても保存期間は短いなぁ~


酢っぱいものは ジョーダン抜きで 苦手なのだけれど

またひと口サイズの茗荷寿司が作れるかと
ぷっくりサイズのものは甘酢に漬けこむ
f0047623_21155833.jpg

金針花に似た形が美しく 料理のアクセントに使えるかも 
と蕾も漬けてみた

f0047623_21155824.jpg

大半は刻んで冷凍

そして母と弟と一緒に楽しもうと 少しだけパックに詰めた


植え付けてから10年

見事な茗荷に 惚れ惚れ・・
この色合いを“グラデーション”と言い表した人を 思い出していた

待ちきれず 真夜中に
刻んだ茗荷に味噌を乗せて 鼻に抜ける香りを楽しんだ


********************************
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-08-08 17:58 | Comments(8)

飛ぶには 良い日 (故郷へ)

仕事に区切りがつき
f0047623_2039288.jpg

今朝の羽田は飛ぶには最高の日


f0047623_20392816.jpg

穏やかに故郷に着陸

母と同居を始めてくれた妹家族にお盆休みが必要となり
母が三ヶ月ぶりに一時帰宅することになった

弟が車で移動することになり
私は一足先に帰宅し母を迎える準備を引き受けた

『ただいま』とお仏壇にお線香をあげ 戸を開け放つ
ド・ドロボー?!
なんと自分の足跡が!!
f0047623_20392835.jpg

早速着替えて掃除機をかけ 床や畳の拭き掃除開始!!

汗がしたたり落ちる!!

冷蔵庫には弟があれこれ飲み物を残してくれていた
子供の頃は大の苦手だった甘酒を選んだ

少し塩気が利き熱中症対策にも良いのでは?と実感した
f0047623_20392843.jpg


三時間半の奮闘の後
f0047623_2039285.jpg

帰り道に買った太刀魚と真鯛の刺身に舌鼓をうつ

さて明日もがんばろ~!

********************************
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-08-07 20:56 | Comments(0)

お疲れさま!(一年プロジェクト修了)

f0047623_10335572.png

日が落ちる前に帰り着いた我が家の入り口で 安堵の笑みが浮かぶ


f0047623_10342457.png

愛用の腕時計と同じブランドSKAGENの掛け時計が静かに時を刻む会議室
f0047623_14474541.png


毎回 快適な環境を整えてくださったスタッフに感謝を述べ 部屋に一礼してドアを閉めた

終わった!!!!
一年前の8月から始まった月に一度のクラスが修了

月に一度とは言え 使える教科書も少ないレベルのクラスに集まる学習者さんの期待に応える為
この一年は 常に資料作りに心を集中し続けてきたように思う


コンシェルジュとして外国人のみならず日本人客の対応にも当たる彼女
(恐らく 都内では唯一の外国籍のコンシェルジュとして活躍中)
f0047623_1448115.png

毎回毎回「その表現を知りたかったんです!早速使ってみます!!」
喜々としてノートを取り 次の回にはお客様のみならず同僚(日本人)から好評を得たことも伝えてくれた

星がたくさんついた日本の高級ホテル並みのレベルでの接客と言葉遣いを期待されている外国人スタッフ
本当は 日本語を母語とする若いスタッフでも不安に思うレベルでの学びを・・・彼等は続けている
決して諦めず くじけることなく

決まった表現は繰り返し練習することで覚えることができる
けれど"Ice Breaking"と言われる”場を和ませる為のなんでもない会話”が最も難しい との要望に応え 
数々の”なんでもない”けれど”失礼にはならない”小さな会話も たくさん練習した

f0047623_11411542.png

ねぎらいの席で 『デザートのお飲み物は 何になさいますか』
よどみのないおもてなしを受け 『快いおもてなしを ありがとう』と笑顔がこぼれた


教えることは学ぶこと

まさに教わり続けた日々が ひと区切りを迎えた

                       


第一巻の最後の数ページで止まったままの好きな本が読める日々に戻れそう・・(^^)/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-08-06 17:35 | Trackback | Comments(4)

拡がる静けさ 根津美術館 (その3)  

f0047623_144568.jpg

分かれ道・・・分岐点・・・
そこに立った時 どちらを選ぶかで後々の人生が変わる
f0047623_13312680.jpg

で 間違いなくこちらを選んでしまう いつもの私・・・・(苦笑)

勾配がきつくても変化に富んだ道を選ぶに決まっている自分を熟知しているから こそ
長い間 ここに戻って来れなかった・・・ん だよね

     ずい分むかし 同じタイプの友人に勧められ笑いながら読んだ《負け犬の遠吠え》の一節を思い出す
     止めとけばいいのに 絶対”面白そうだけど困難な方”を選び 平穏な幸せから遠ざかる・・バカだなあ

f0047623_13345194.jpg

この美しい庭園を借景にできる住宅を 半ば羨ましく見上げる・・・
f0047623_13353468.jpg

f0047623_1417073.jpg

美しく重なり合う緑の数々
f0047623_14173277.jpg

表情の違う石を敷き詰めた小道が続き
f0047623_1418255.jpg

清々しい水音に耳を澄ます

f0047623_13382560.jpg

深山の広々とした湖さえ想い描かせてくれる池の畔に立ち止まる
f0047623_13393256.jpg

近づいてくる波紋の主を興味深く眺めていた
f0047623_13402351.jpg

f0047623_13403918.jpg

毎年 満開の時期に合わせて 国宝が公開される計らいが嬉しい
ただ 静かに尖った葉先を楽しめるのも一興か と・・・

f0047623_1342383.jpg

『オニヤンマ~!!』との子供たちの声に目をやると 久しぶりに見たトンボ
・・・・『シオカラトンボだよ?』と ムカシ昆虫採集マニアだったオバサンはつぶやいた

f0047623_13443070.jpg

f0047623_1344494.jpg

f0047623_1345929.jpg

お茶の素養があれば いつか ここで催される茶会に参加する夢も持てたであろう・・・
f0047623_13463366.jpg

いやいや とうの昔に”お茶の道”を辿ることは諦めてしまった身
美しい所作を身に着けた人々を 眺めるに留めよう
f0047623_13464921.jpg

f0047623_1347332.jpg

それにしても 全てが美しいディテールに ただただ 息を呑む

f0047623_13515824.jpg

ほぼ一時間余り ゆったりと楽しませてもらった後 再び美術館に戻った
f0047623_13525383.jpg

美術館と庭園の他に 心のこもった案内を心がけてくださった館員さんたちも素晴らしかった
f0047623_13541587.jpg

『蚊がたくさんいますから お使いください 申し訳ありませんね~』
こんな心遣いも

f0047623_13552319.jpg

ロゴデザインは私が最も好きな隷書であることも知った 嬉しいエンディング


f0047623_143155.jpg

ゆったりとした勾配の道だけに頼らず 庭園を楽しめたことが 何より嬉しかった


長々とお付き合いくださり ありがとうございました
さて また新しい週が始まる
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-07-31 14:04 | | Trackback | Comments(4)

静けさの底   根津美術館(その2)

f0047623_12252067.jpg

f0047623_12254965.jpg

美術館を訪問し 興味を持って眺めるのは 美術品ばかりではない

先ず 椅子

どちらから座っても良いように より多くの人が分け合って座れるように 普通 背もたれは無く
f0047623_12313638.jpg


ゆったりと心を鎮める場所を与えてくれる

       (以前 パリのオルセー美術館を訪ねた時も 建築家ガエ・アウレンティーがデザインしたに違いない と
f0047623_12302085.jpg

        館内の”座り場所”を見て回った・・・・・・変わり者 やっぱりね)


いよいよ 久しぶりの再会を心から楽しみにしていた展示物に会いに行く
f0047623_12333578.jpg


紀元前の中国 殷の時代の青銅器 (当然ながら展示室内は撮影禁止)
f0047623_1235385.jpg

f0047623_1236680.jpg

諦め悪く 入口付近から 精度の低いカメラで”雰囲気だけでも”と 撮ってみた

饕餮 文 爵(とうてつ もん しゃく)Jue with Taotie Design
f0047623_12385410.jpg

紀元前13~11世紀 青銅器

新しい展示室を得て 厳かな光を浴びた青銅器の数々の中で 
かつて 幾度も足を止め 向かい合っていた一番小さな器

(文字など覚えられるはずもなく 手持ちの紙きれに書き写す とう てつ もん しゃく・・無理!)

20世紀が終わりを告げ 21世紀を迎えようとしていた頃 私自身の心も大揺れに揺れていた

仕事の空き時間に 何度もこの美術館を訪れ 一人 古代中国の青銅器の前に佇んだ

永遠より永く思える三千年もの時を越え 見知らぬ国に辿り着いた青銅器の前に立つと
自分の一生の持てる時間の 何と短いことか・・・と思えた
深く静かに息を整えているうちに 重い空気を振り払い現実の暮らしに戻って行くことができた
                   根津美術館/ 考古

ひと様々な楽しみ方があるのだろう と言葉を交わすこともない人々とすれ違うことが
静かな美術館訪問の楽しみのひとつになった

15年の時を経て 海山を乗り越え 遥かな距離を羽ばたき 再び この場所に立てた時
ただただ微笑んでいる自分に 深く安堵した   
『お蔭さまで心身ともに元気になりました』  誰にともなく そうつぶやいた

(心の中で ね・・・・こんな薄暗がりでブツブツ言ってたら 周りの人が遠退くこと請け合い)


新しい美術館は 展示もより一層美しくなり 多くの若い人や海外の人も訪れていることが嬉しかった
f0047623_1344321.jpg

f0047623_13101338.jpg

(スマホ片手の若者たちではないようで ホッとしたり)


涼しい館内から 窓の外に目を移せば そこにはずっと変わらない緑を湛えた庭園が待っている!
f0047623_137513.jpg



最後は 庭園 散策 編!
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-07-30 12:41 | Trackback | Comments(8)