BLACK TUESDAY

天気図に傘のマークが並んだ火曜日の朝 早めに家を出た

目的地を目前にした駅で時間調整をする
f0047623_1292734.jpg

コンビニコーヒーを買ってみた

慣れないオバサンはコーヒーカプセルをセットし ホット用のカップを置いた

レジからオネエサンが跳んできてコーヒーマシン横のケースから氷入りのカップを出し
間違えたホット用紙コップを破棄してくれた

優しい笑顔に救われた
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
降り頻る雨の中歩き始めると
向かい側から大勢の人が来る

傘を傾げて道を譲る私にぶつかる

『危ない!』と叫びたくなる無礼な集団!!
f0047623_1292731.jpg


道いっぱいに拡がりスマホしか見ずに 歩く集団は最強レベルの無礼者と化し
ゾンビーのようにゾロゾロと歩いていた

この時ばかりはmother-of-BLACKpearl に変身した!! (黒真珠母貝?)


コンビニで頑張るオネエサンと同じ国の人らしい

人各々だと思いたかったブラックな火曜日

(追記:休日には日本人も押し掛けているらしい)
*************************************
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-09-21 12:48 | Comments(2)

かぼす で ご飯!

“緑の宝物”
f0047623_14235776.jpg

かぼす!!

夏の帰省時弟からもらい大切に使ったかぼす

残り少なくなった時に妹夫婦から贈られた


シラスをたっぷり盛り かぼすを絞る!!
f0047623_14235779.jpg

根菜入りの味噌汁を添え

ようやく静けさを取り戻した居間で
ゆっくりと一人の昼食を楽しむ


あ~美味しい~(^.^)

(こんな時は栄養バランスとか 無視・・・)


********************************
経年劣化が見え始め 接触も悪くなっていたライティング
f0047623_14235726.jpg


f0047623_14235745.jpg

2週前電気製品の設置作業を担当した電気屋さんに

週を改め作業に来て頂いた
f0047623_14235766.jpg

1年以上前に買ったペンダントライトが 輝き始めた
f0047623_133228.jpg



部屋の外にスイッチがある摩訶不思議な構造の古家の不便さにも終止符を打つ

リモコン付きの天井灯がついた
f0047623_14235723.jpg

f0047623_14235777.jpg


これで秋の夜長も ひと安心 (?)


####################################
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-09-18 14:23 | Comments(4)

秋風吹いた?

秋風が吹いた気がし 今夜のメニューを決めた
f0047623_21373224.jpg

なんと熱々のひと皿!!


f0047623_21373217.jpg


アッと言う間にバターが軟らかくなりクラストを作るのも速い!

冷蔵庫の残り物整理を兼ね 少しずつ残ったベーコン・玉ねぎ・エリンギ・トマトそして芯まで刻んだブロッコリーを炒め
たっぷり溶いた卵とチーズを混ぜて
軽く焼いたクラストに流し込み30分オーブンへ!


あら?焼き時間が足りていない!


後10分待ってね
f0047623_21373236.jpg


焼き上がりを待つ間 冷蔵庫で冷やした一品を前菜のように皿に盛りつけ楽しんだ

※簡単レシピ
スライサーでセロリー・パプリカ・玉ねぎを薄く薄く切り 手で細かく割いたイカの薫製を混ぜる
(オリーブ)オイルと新鮮なカボス(酢)を絞るだけ
イカ薫から良い味が滲み出たら食べ頃!

f0047623_21373298.jpg

やっと焼き上がった熱々のキッシュを ハフハフと頂きま~す!


氷水のグラス片手に汗を拭き拭き 季節外れのキッシュの晩御飯





冷蔵庫でしっかり冷やし 明日は冷たいキッシュのランチ!
********************************
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-09-14 22:37 | Comments(4)

POWERS OF TEN そして 東海の小島の磯の・・

ブログの世界には まるで宙に浮かぶ星のように 美しい光を放つ”小島”が点在する
日々の暮らしの中で 様々な”光る小島”に軟着陸しては 触発され 感動させられている

驢馬の耳のunburroさんの酔芙蓉が描き出してくれた啄木の世界に ここ数日浸っている

      東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる

      東海?ってどこ? 東海地方???
      泣きながら ”大の大人が” 蟹と遊んでるの???? 
      どうした? どうしたの???

そんな風にしか受け止めていかなった私に unburroさんが導いてくれた世界は壮大だった!!
(笑ってしまうほど詩歌の理解力が欠落している私ですので 啄木ファンのみなさん ごめんなさい)

      そこで 思い出したのが 長年の愛読書『POWERS OF TEN』

f0047623_14252256.jpg

敬愛する建築家の一人(二人?) チャールズ・イームズ夫妻の著作
10分の1 100分の1 1000分の1・・・・・とミクロの世界に入り込み
f0047623_14313778.jpg

10倍 その10倍 そのまた10倍・・・・・・・と宇宙に飛び出していく
f0047623_1432764.jpg


この本を手にして快感を覚えたページがある
10の9乗(100万キロメートル)の画像
f0047623_14495774.jpg

と 10のー10乗(1オングストローム)の画像
f0047623_14502739.jpg

が ほぼ同じ!!!

距離をズーム・イン ズーム・アウトし続け見せてくれた絵(写真)に思わず拍手を送った

それは まさに 私が子供の頃 心が塞ぐことがあった時(ほとんど学校での出来事)
日曜日の夕方 一人 家の外のどこかに腰かけ 山の彼方に目を心を飛ばしてみたり
菌糸の世界にどんどん入り込んで行ったりした世界観そのものだった!!

11・12歳頃のこと
がんばれば評価される授業中は楽しかった
その後の休み時間は やっかみで孤立させられる毎日が辛かった 
でもネエチャンとしてはそんなことを口には出せず また学校へ行く・・・・

その頃思いついたのが 『よし!出過ぎた杭になる!!!』

日々の暮らし(子供にとってそれはほぼ学校での生活)に戸惑った時 ずっとずっと遠くの宇宙を想った
そして 足元の木の根の下に潜り蔓延る菌糸になってミクロの世界を楽しんでいた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて 若き啄木さん

悩み尽きない青年は 宇宙の視点から太平洋を思い浮かべ 極東の海から島国の日本を思い 
さらに砂浜にズームインしていった のだそうだ

ドナルド・キーン氏の著作のみならず ネット検索した結果多くの人の分析が同じだった

若くして逝ってしまった人生を想うと その短すぎた儚い命に悲しさを感じる
    
(啄木ファンには叱られそうだけれど ”その遊興費”をどうにかしたらよかったんじゃない?とも思うけれどね)


unburroさんのお蔭で 書棚に埋もれていた一冊を取り出し 改めて読み返す機会を頂いた


f0047623_14461692.jpg

マリブの潮騒を思い出し
f0047623_1447585.jpg

そろそろ 異国の空を恋しく思いながら・・・・・

相も変わらず 遠くに心を飛ばすのは得意だなあ と苦笑した                    
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-09-11 15:13 | | Trackback | Comments(2)

世界の何処かで

f0047623_13125754.jpg

f0047623_1312589.jpg

晴れ晴れとする写真が届いた

夕暮れ時のNYC


蒸し暑い街を歩く帰り道
夏バテ知らずと豪語してもいられない気分の今日この頃

遠くから届いた風景に救われた




写真の送り主が東京を訪ねてきた時のことを思い出した
f0047623_13125836.jpg

眺めの良い窓辺で乾杯!
(アサヒビール本社ビルの上階は地ビールも楽しめる“穴場”!)


『まだ3時なんだけど飲みますか?』と言う私に

『世界の何処かが5時だから心配ない!!』


けだし・・・名言!



根をつめた仕事もそろそろ終わる



さて 今週もあとひとがんばり!
********************************
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-09-08 17:40 | Comments(4)

小さな花束 そして15分の葛藤

仕事帰り 遠回りして大型スーパーまで自転車を走らせる

ひと束500円余りの花束が半額に!!即買い!
f0047623_1155731.jpg

小さく活けて あちこちに飾った
f0047623_1155722.jpg

f0047623_1155755.jpg

f0047623_1155749.jpg

清々しい風が吹く週末の穏やかな朝


************************************
昨日の“15分の葛藤”を思い出し 苦笑


滅多に出会わない大好物のかるめ焼きを見つけてしまった!
いつもは品薄のシュガーラスク味の(1本10円)格安菓子まで!!
この店では30本入りがなんと300円以下!
意気揚々とカートに入れた

f0047623_1155750.jpg

店内を歩くと内なる声が囁き始めた『家で筋トレはじめようとしてるのに?買うの??』
15分歩き回った後 そっと戻し
買い物を続けた

f0047623_1155770.jpg

夏の終わりの小さな葛藤


(^ー^)!
######################### THE END ########################
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-09-03 11:55 | Comments(4)

見る阿呆  2016年の夏

f0047623_12183445.jpg

小雨をもろともせず 街全体が熱いエネルギーに満ち溢れ 祭りが始まる!!!
f0047623_1220235.jpg

一斉に踊る人々の美しさに酔い痴れ

f0047623_12222375.jpg

足元を見つめ

f0047623_12225594.jpg

弾けるエネルギーを全身で受け取る

f0047623_12235735.jpg

色とりどりの衣装の連が次々に登場していく
数えきれないほどの人々の中から 友の美しい姿を見つけた!!!

           仕事でお世話になっている彼女が 憧れの阿波踊りの踊り手であることを知り
           ついにその姿を見せてもらえる日が来た!
       
           仕事でお会いする度に「和服が似合いそうな美しい方だなあ」
           と 密かに思っていたことが 間違いではなかった

           本当に美しい!!!

           見つけられて よかった~!

f0047623_12265790.jpg

未来の美人さん達の美しいうなじに 思わずシャッターを押す
           たくさんの子供達も撮らせてもらったけれど それは個人蔵として・・・
           

f0047623_12285069.jpg

それぞれの連で太鼓やお囃子の音色が違い 素晴らしいパフォーマンスに”見る阿呆”達も盛り上がる!

f0047623_1231455.jpg

60年の歴史を誇る夏祭りを 大勢の人々の力で作り上げていた


狭い歩道の最前列で楽しむ人々 その後ろに立って声援を送る人 傘を傾げて進む人・・・
信じられない程 粛々と祭りが進んでいく様子そのものにも感動し 
雨に濡れながらも祭りを楽しむ人々の賑わいの中に一体化する楽しさを味わった


f0047623_1232172.jpg

美しい時間をありがとう!!!

                  また 来年ね

f0047623_12324340.jpg

大都会で しっかりと守り継がれている祭りを 堪能した夜









+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-08-28 13:26 | | Trackback | Comments(4)

嵐の前の・・

f0047623_11294585.jpg

美しい夕空を飽きずに眺め 歩いていた

f0047623_11294569.jpg

久々に大型店を訪れた帰り道

電車の窓からも変わりゆく空の色から目が離せない!

我が家が近づく頃 期待通りの見事な夕焼け!!
f0047623_11294535.jpg


そして

一夜明け 大荒れの天気に!

幸いにも仕事先から気遣いのメールを頂き今日は自宅待機となった

突然の自由時間を利用し昨夜購入した商品のラベル剥がしを始める
f0047623_1129458.jpg

ヘアドライヤーで温めると剥がし易い

f0047623_11294517.jpg

『キャンドルスタンドにもなるね!』
得意気に話す私に
娘は『あの・・元々キャンドルスタンドだけど?』と冷静

1個200円以下で買えてニコニコ!
f0047623_11294530.jpg

長年愛用のフレンチプレスに合わせて使えそうと 自己満足!!


思いがけない自由時間を楽しんでいる台風襲来の月曜日


お出掛けを余儀なくされている皆さん
お気をつけください

********************************
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-08-22 13:29 | Comments(4)

真夏の思い出(ハモとオバイケと白ガラの夕餉)

「シライモ3本取ってきて~」
夕食の支度中の母に言われ 庭先の”シライモ”を数本切ってきた
まるで里芋の茎のような“シライモ”の皮をむき ササガキにして水に晒す

・・・・・夏休み中の夕方の一コマとして ずっと記憶にありながら 探せなかった“シライモ”
・・・・・あれは 私の記憶違いだったのだろうか と思い始めていた
f0047623_91812100.jpg

≪白がら≫!!!!  正式にはそういう名前だった

この夏ついに見つけた!!!“幻のシライモ”
イモガラという乾燥野菜が売られていた農産物販売所でのこと

f0047623_9204396.jpg

本来なら刺身のツマのような存在ながら この夜 私は爽やかな歯触りを思い切り堪能した!

骨切りをしたばかりのハモを 弟は見逃さず買っておいてくれた
家でゆがき 氷水でさらしたハモは絶品だった!
f0047623_9261428.jpg

f0047623_9262796.jpg

盛り付けは二の次で 一期一会のハモとハモの皮 そして太刀魚や鯛の刺身に舌鼓を打つ
食器棚の奥から見つけた祖母愛用の水色のガラス器を磨き 盛り付けてみた
f0047623_9514184.jpg

ふるさとの店先には 懐かしい食べ物が今も変わらず並んでいた   おばいけ・・
f0047623_9274966.png

(酸っぱいものは苦手な私も)湯引きのハモには酢味噌 そしてカボスを絞る
f0047623_9291486.jpg

懐かしい味 おきゅうと もモズクと共に楽しんだ

そして もちろん 最高のお伴は
f0047623_9312946.jpg

                            (私は 絶対的に 左!!)

一足先に帰宅し 掃除を始めた時 冷蔵庫の中に真新しい薫長1本を見つけた
当時入院中だった母を思い 母の日のお祝いに と弟が買っておいたものだった
(幸いにも母本人と楽しむことができた後 私はそっとラベルを剥がし記念に持ち帰った)

f0047623_9321421.jpg

冷たい”水菓子”に至る頃には 母も弟も私も 笑いジワでいっぱい



どうかまた この幸せな夕餉を楽しめますように・・・・・・・・(^^)
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-08-20 09:54 | | Trackback | Comments(8)

心を吹き抜けた潮風  (瀬戸内の海辺)

f0047623_13193641.jpg

稲穂の波がそよぐ大海原を走り続ける・・・・・・
弟が運転する車で遠くの店まで買い物に出かけた日 思いがけなく遠出をしてくれた
f0047623_13213192.jpg

最後に訪れたのは20年も前のこと
f0047623_13221359.jpg
f0047623_13222973.jpg

新しい看板が立ち 観光名所として名を上げ始めていることを知った

f0047623_1323349.jpg

優しく手を引き 道を渡る二人
f0047623_13242197.jpg

f0047623_13244145.jpg

ああ懐かしい海原が目の前一面に広がっている!!!!
f0047623_13271941.jpg

子供達を連れて 潮が引いた遠浅の砂浜を歩き 海水浴や潮干狩りを楽しんだ日々が甦る
f0047623_13274112.jpg

海の安全を守る神様に『おじゃましま~す!』とばかりにちょこんと頭を下げた子らを思い出す
f0047623_1329163.jpg

新たにしつらえられた海の家は 通年のモダンなカフェになり
夕陽の写真の撮影や時折催されるライブ音楽など 新たな観光名所を作った地元の意気込みを感じた
f0047623_13315565.jpg

久しぶりのかき氷に「ああ眉間がジンジンする~!!」とむかしと同じ悲鳴をあげ
f0047623_1332981.jpg

地元のそば粉を使い目の前で若者が打った蕎麦を美味しく頂く
(懐かしい日田の器 小鹿田焼きがマッチしていた)


f0047623_13345384.jpg

空調の効いたカフェで母がひと休みする間 堤防の上を弟と歩いた
f0047623_13352091.jpg

「水平線が濃い紺色に変わったら 帰ろう!と決まっていたよね~」
などと 快い潮風に吹かれながら 遠い遠い子供の頃の思い出話が次々に湧き出てきた

f0047623_13374921.jpg

「ナショナルジオグラフィックのマークみたいなアレは何??」
「記念写真を撮りたい場所になった ってことだね」

f0047623_13385365.jpg

f0047623_1339657.jpg


これから何年も 心の中で響き続けてくれるほど たくさんの波の音をしっかりと蓄えてきた


ありがとう!!!
弟に 故郷の海に!!!



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by mother-of-pearl | 2016-08-14 13:40 | | Trackback | Comments(4)